永利游戏怎么上不去了88必发pt官网

云顶集团455优德棋牌在哪里下载

人民網日本語版 2019年08月21日16:28

外交部(外務省)の耿爽報道官は20日の定例記者会見で「特定の外部勢力のロシアでのやり口は最近の中国の香港情勢における彼らのすることなすことと軌を一にしている。典型的な内政干渉行為であり、覇権主義の現われだ」と述べた。

【記者】報道によると、モスクワで最近一連のデモ行進があった。在ロシア米国大使館は公式ウェブサイトで「ロシア当局は自由で公正な選挙と平和的集会を通じて自らの考えを表明する国民の権利を制限し続けている」との声明を発表したうえ、モスクワでのデモ行進のルートを掲載し、集合場所を示した。ロシア外務省のザワロワ報道官は「在ロシア米国大使館が未許可の集会活動に介入したことを示す証拠がある」と表明した。これについてコメントは。

【耿報道官】中国側はロシア側の立場に深く賛同する。最近モスクワで非合法デモ行進が複数回あり、ロシア政府は社会の安定を維持するための措置を講じた。これには十分な法的根拠がある。それなのに一部の西側国がこの時期に跳び出て来てあれこれ口出しし、「つまらぬ策略」をしている事は気がかりだ。まさにロシア側の言うように、これは典型的な内政干渉行為であり、覇権主義の現われだ。

最新ニュース

注目フォトニュース

コメント

| 写真記事